車の査定額の基準はこれ。ただし買取額や下取り額は店ごとで違う

目安時間:約 7分

車を売却するには、「ディーラーに下取りに出す」、「買取店に買取りしてもらう」など、様々な方法がありますね。

 

そして、業者に売却する場合は、必ず車の“査定”を受けることになります。

 

査定を受けた結果、買取額(下取り額)が決定しますが、では、査定の決定にはどのような基準があるのでしょうか?

 

査定の基準』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

標準状態を定め、それと比較して査定額を決める

ディーラーや買取店で査定を行う人は、『中古自動車査定士』の資格保持者です。

 

そして、この資格は、一般財団法人・日本自動車査定協会(JAAI)が実施する『中古自動車査定士技能検定』に合格した人に与えられます。

 

 

車の査定は、査定する中古車と車両の標準状態を比較して結果を決めます(日本自動車査定協会が標準状態を定めています)。そして、その結果を元に、査定額が決定されるというわけです。

 

分かりやすくいえば、それぞれ状態がまちまちな中古車を、ある基準をもとに価値を決定するということです。

 

査定の基準となる標準状態は、以下のように決められています。

 

《査定の基準となる車両の標準状態》

 

1)外装・内装は無傷であること

2)エンジン・足回りは走行に支障なく良好であること

3)車検の残り月数は3カ月以内であること

4)走行キロ数は標準であること

5)タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること

6)事故修復歴や改造工作がなく損傷減価要因(腐食・臭い)等がないこと

 

 

そして、この標準状態を元に、加点・減点されて査定額が算出されます。

 

加点・減点される内容は以下のようになっています。

 

《査定項目別の加点・減点の適応区分》

【車両本体】

●内装・外装 :加点、減点

●電送 :減点

●エンジン・足回り:加点、減点

 

【装備品】

●装備品 :加点、減点

 

【商品価値】

●タイヤ :加点、減点(残り溝が多いと加点されます)

●走行距離 :加点、減点(少ないと加点されます)

●車検残 :加点(4ヶ月以上残っていると加点されます)

●自賠責保険残 :加点(3カ月以上あると加点されます)

●修復歴、特殊形状、特殊損傷車 :減点

●その他 :加点、減点

 

 

たとえば、同じ3年乗った車でも、走行距離が標準状態より少なければ加点されます。

 

また、ボンネットに凹みがあった場合、標準状態は無傷なので、凹みの大きさによって減点されます。

 

 

査定の基準はこのようになっていますが、実際に査定をする際のチェック項目は50以上あるといわれ、査定をしながら査定表に書かれています。

 

そして、最終的に総合評価の得点がつけられて査定が完了となります。

 

※カーチェックシートの参考例(JAAI公式サイト)

JAAI公式のカーチェックシート

 

ちなみに、査定士は以下の項目をチェックします。

 

《外装》
・ボディ全体の汚れ、キズ、ヘコミ
・ボディカラー
・エアロパーツ
・ナンバープレート
・前後左右のガラス
・サンルーフ、ムーンルーフの動作確認
・ボンネットや天井の状態
・ヘッドライトやテールランプ
・ラジオ、テレビ等のアンテナ類
・ドア、ウインドウの動作確認

 

 

《内装》

・ルーム全体の汚れ
・喫煙による影響
・シートの状態
・オーディオ類とスピーカー
・カーナビ
・ハンドルやメーター類
・エアバッグ
・トランクスペースの状態
・スペアのタイヤ
・付属の装備品

 

 

《エンジン回り》

・バッテリーの状態
・エンジンオイルの状態
・修復歴の確認
・エンジンの状態
・改造パーツの有無
・車台番号

 

 

《足回り、下回り》

・タイヤやホイールの状態
・車高(サスやショックなど)
・タイヤハウスの状態
・マフラーの状態
・オイルの漏れ、にじみ
・各パーツのキズ、ヘコミ、錆など

 

 

《その他》

・メーカー、車種
・年式、グレード
・走行距離
・車検証・整備記録簿の内容
・取扱説明書などの書類
・車検の残期間
・キー(スペアキー)やキーレスなどの有無
・純正部品の有無

 

 

査定結果は同じでも、買取額は店舗ごとに違ってくる

査定結果は、基準が決められているので基本的には同じになります。

(正確にいえば、査定をするのは人間なので見落としがある場合があります。また、オークション会場などによって違いが出て来る場合もあります)

 

けれど、買取額は、お店の販売力や整備の技術、流通方法(販売経路)、欲しい車種かどうか、お店の利益などが反映されて決められます。

 

 

欲しい車種や人気車種であれば買取額は高くなりますし、不人気車種であれば買取額は低くなります。

 

また、 車の売却する時期やニーズによっても、お店が欲しい車種が変わってきますので、買取額もその都度変わってきます。(買取額は需要と供給で大きく変化します

 

そのため、良い状態の車両であっても、買取店が欲しいと思わなければ買取価格は低いものとなってしまうんです。

 

なので、愛車を売却するときは、複数の買取店やディーラーに査定を受け、業者を比較検討することが、高く売るためにはとても重要なことなんですよ。

タグ:  

カテゴリ:査定の基本 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ