車の下取り&買取り査定の流れ。査定表に記入しながら行われます

目安時間:約 6分

車を売却したり、下取りに出したりするときは、車買取店やディーラーなどで査定を受ける必要があります。

 

どの車屋でも査定はセールスマンなどのスタッフが行ってくれますが、一体どのようなことを行っているのでしょうか?

 

そこで、セールスマンなどが行う、下取り&買取りの『査定の流れ』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、前回は、リセールバリューや下取りと買取りの違いについてお話ししました。

 

こちらも一度、読んでみてくださいね。

 

※リセールバリューを意識して車を買う人も増えています

リセールバリューとは?下取りと車買取は何が違うの?

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

チェックシートを基準に査定が行われます

セールスマンは、お客から下取りや買取り査定の依頼があると、カーチェックシート(査定表)に車の情報を記入しながら査定を進めていきます。

 

 

【1.査定する車の情報を記入】

まず、カーチェックシート(査定表)に、査定する車の走行距離数や車検証の記載内容を記入しています。

 

 

このとき、一般的にいわれる“カローラ”などの名前は、実は“通称名”です。

 

車検証上の“形式指定番号”から検索できる“車両型式”が本当の正式名称で、この車両形式から通称名、グレード、搭載エンジン、ミッションなどの情報を知ることができるんです。

 

そして、類別区分番号で、どのようなオプションを選んでいるかが分かるんです。

 

車業界では“車両型式”で話しをするのが一般的なんですよ。

 

 

【2.車のチェック】

次は、査定する車の外装や内装のチェックをします。

 

キズや凹み、汚れなどをチェックし、査定表に記入していきます。

 

 

また、このときにセールスマンから、「事故とかはありますか?」と聞かれることがあります。

 

過去に、事故をしたことがあるなら、ここでしっかり申告してください。

 

ただ、このときの“事故”は、フレーム修正を行ったかなり大きな事故のことです。

 

壁に擦って直したや、ドアを凹まして板金修理したくらいなら、事故に入らないので申告する必要はないです。

 

事故車の定義は、明確に決まっているので、これに該当するときだけセールマンに申告すればいいですよ。

 

※事故車(修復歴車)になるのは、フレームの交換・修理を行ったときです

事故車・修復歴車はどこから?定義が決まっているので自分で判断できる

 

ただ、微妙な規模の事故や修理を行ったことがあるなら、どのくらい直したか言っておくと、後からトラブルになるのを避けれます。

 

 

【3.査定額の決定】

査定する車のチェックが終わったら、査定基準価格から、傷などによる加減点計算を行い、査定額が決定します。

 

昔は、査定額は現場で行われましたが、今は、ディーラー内にある専門部門にチェックシートをファックスなどで送り、査定額が算出されるんですよ。

 

このような流れで、査定額は決定されます。

 

 

特別仕様車は高くなるの?それとも、安くなる?

ときどき、自動車メーカーやディーラーは、特別仕様車を販売します。

 

この特別仕様車は、査定額が高くなるのでしょうか?安くなるのでしょうか?

 

 

特別仕様車は、メーカーの生産工場で特別装備が装着されるモデルは高くなる傾向にあります。

 

一方、ディーラーが、独自で汎用パーツなどを装着して設定されたモデルは、ベースグレードと同じ扱い(=査定額が低め)になるんです。

 

 

では、メーカーが出している特別仕様車か、ディーラーが出している特別仕様車かを見分けるには、どうすればいいのでしょうか?

 

見分け方としては、トヨタなら車両の型式番号の末尾に(A)などと付いていれば、メーカー製の特別仕様車になります。

 

例えば、プリウスαの特別仕様車のS“tune BLACKⅡ”なら、DAA-ZWW41W-AXXEB(A)です。

 

メーカー製の特別仕様車なら、査定額のアップが期待できますよ。

 

 

査定は、このような流れで行われます。

 

査定を受けるときのために、ぜひ参考にしてください。

タグ:  

カテゴリ:査定の基本 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ