アルトを車買取や下取りで、最も高く売る方法。低価格で低燃費な車

目安時間:約 6分

スズキの伝統的な軽自動車の「アルト」。

 

1979年に登場した初代から、アルトは低価格でベーシックな車として進化を重ねてきました。

 

そんなアルトを、高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

 

アルトの特徴を紹介しつつ、『スズキ・アルトを最も高く売る方法』についてお話ししますね。

 

最も高く売るポイントは、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、競合させることなんですよ。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

スズキ・アルトの特徴

1979年に初代が発売され、2014年12月22日に現行型(8代目)アルトが発売されました。

 

アルトの名前の由来は、イタリア語で「秀でた」「優れた」からきています。(発売当時「あると便利な車」というダジャレからきているという伝説もあります)

 

 

アルトは、価格の安い軽自動車の代表格です。

 

現行型は、大幅な軽量化により、先代よりも約60kgもダイエットに成功。

 

それにより、車両重量は、650kgという驚異的な軽さを実現しました。

 

 

さらに、2015年には、アルトワークスが復活しました。

 

アルトターボRSとアルトワークスは、スペックには大きな違いはありませんが、専用チューンされたエンジンやクロスレシオ化した5速MT、足回りなどがワークス用に見直されています。

 

 

内装は、ゴージャスとはいえませんが、価格のわりに安っぽさはなく、シンプルで使いやすくなっています。

 

 

後席はそれなりに広いのですが、ファミリーカーとして使うには少し窮屈を感じるかもしれません。

 

低燃費と低価格を追求した軽自動車で、毎日の通勤や通学、買い物などでクルマを使用するユーザーにぴったりの車です。

 

 

現行型アルトのライバル車は、キャストスポーツ(ダイハツ)をはじめ、ミライース(ダイハツ)、キャロル(マツダ)、ピクシスエポック(トヨタ)です。

 

値引き交渉などのときに、競合車として使ってくださいね。

 

 

スズキ・アルトのデメリット

アルトのデメリットは、乗り心地が粗い所です。

 

徹底的な軽量化や、燃費向上のための空気圧の高いタイヤ、足回りのコスト削減などにより、乗り心地は硬めで粗いです。

 

路面の振動や騒音もそれなりにうるさく感じます。

 

 

また、荷室があまり広くないのもデメリットです。

 

後席の足元空間を広げたので、荷室の奥行寸法が短く、狭いです。

 

天井も低めなので、荷室容量は小さいです。

 

低価格車なので、シートアレンジは単純で、後席は分割してたためず、収納設備も少ないです。

 

 

スズキ・アルトのメリット

一方、アルトのメリットは、圧倒的な燃費のよさです。

 

徹底的な軽量化と効率を高めたパワートレーン、エネチャージやエコクールなどのスズキグリーンテクノロジーを採用することで、JC08モード燃費で37.0km/Lという低燃費を実現しました。

 

これは、新型プリウスまでは、日本車でNo.1の燃費の良さでした。

 

ガソリンエンジンだけの車では、今でもNo.1の燃費の良さです。

 

最近の軽自動車は、燃費が良いクルマが増えましたが、アルトはそのなかでも頭ひとつリードしています。

 

 

また、動力性能に余裕があるのも、アルトのメリットです。

 

650kgという軽いボディにより、ノーマルエンジンでも動力性能に余裕があります。

 

ターボエンジン車なら、パワフルな動力性能を感じることができますよ。

 

 

使い勝手が良いのもメリットです。

 

現行型のアルトは、ホイールベースを広げたことで、後席の足元空間は広いです。

 

大人4人が乗っても、窮屈することはないですよ。

 

また、ボディサイズは小さいので取り回し性が良く、幅の狭い道やスペースの小さな駐車場では、コンパクトサイズが有利に働きます。

 

 

ターボを搭載したスポーティな「ターボRS」や、スポーツカー的な走りをする「ワークス」を設定しているのもメリットです。

 

 

 

このように、低価格なのに驚異的な低燃費を実現し、使い勝手がよい車がアルトです。

 

しかも、価格はかなり割安なのに、時速30km以下で作動する緊急自動ブレーキを装備していて、安全性も高いんです。

 

そんなアルトを最も高く売るポイントは、以下にお話しするように、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、査定額を比較・競争させることなんです。

タグ:  

カテゴリ:スズキ 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ