損得勘定 エンジン 得

車を高く売る必勝法.com

車を高く売るための方法やコツをご紹介。高額査定をゲットして、お得に売却しよう。

損得勘定で考えると、どのエンジンが得?エンジンの整理学3

読了までの目安時間:約 5分

車のパワーユニットは、モーターを使ったハイブリッドや、水素を燃料とした燃料電池車などがあり、選択肢がとても多くなりました。

 

選択肢が多いことは、車を購入するユーザーにとってはうれしいことですね。

 

そこでこれまでに、『エンジン&パワーユニットの整理学』として、各パワーユニットの特徴やメリット・デメリットついてお話ししました。

 

※ガソリンターボやクリーンディーゼルターボにもデメリットがあります

エンジンの整理学。ガソリンターボやディーゼルの特徴やメリット

 

※モーターで走るクルマにもデメリットがあります

電気自動車や燃料電池車の特徴やメリット。エンジンの整理学2

 

今回は続きとして、『損得勘定で考えると、どのエンジンが得なの?』についてお話ししますね。

 

 

当サイトオススメ車買取一括査定サイト

東証一部上場企業が運営している安心の一括査定サイトです。入力してすぐに概算の最高額も分かります。

かんたん車査定ガイド

損得勘定で考えると、コンパクトカーは、ノーマルガソリンエンジンが得

ガソリンエンジンやクリーンディーゼルエンジン、ハイブリッドなど、さまざまなパワーユニットがありますが、損得勘定で考えるとどれがベストなのでしょうか?

 

 

パワーユニットの損得勘定は、

 

・燃費

・ノーマルエンジン車との価格差

・減税額

 

の違いにより大きく変わってきます。

 

コンパクトカーは、ノーマルエンジン仕様でも燃費が良いので、ハイブリッド仕様やディーゼル仕様と比べて燃料代の差が付きにくいです。

 

 

フィットは、ノーマルエンジンの1300ccの13G・Fパッケージと、ハイブリッドFパッケージの価格差は、約37万円あります。

 

装備差を補正して、減税額を考慮すると、実質約28万円の価格差となります。

 

ガソリン代を120円/L、実燃費はカタログ燃費の85%と考えると、価格差分を取り戻すのは、約18万km走ったころになり、実質、元を取り戻すのは不可能です。

 

 

デミオは、ノーマルエンジンの13Sツーリングと、クリーンディーゼルエンジンのXDツーリングの価格差は、約28万円です。

 

装備差を補正して、減税額を考慮すると、実質約21万円の価格差となります。

 

価格差分を取り戻すのは、フィットと同じく約18万km走ったころになってしまうんです。

 

 

このように損得勘定だけで考えれば、コンパクトカーは、ガソリンエンジン仕様のほうが、得になることが多いんです。

 

 

Lサイズの車種は、ハイブリッドのほうが得となることも

コンパクトカーは、ハイブリッドやクリーンディーゼルエンジンよりも、ノーマルエンジン車のほうが得となることが多いです。

 

一方、Lサイズの車は、ハイブリッドのほうが得となることがあるんです。

 

 

クラウンは、ノーマルエンジン車はエコカー減税対象外です。

 

さらに、ハイブリッド仕様とガソリン仕様の燃費は、約2倍違うので、約5~7万km走れば、価格差分の元を取れてしまうんです。

 

 

このように、車種によってパワーユニットの損得勘定は違ってきます。

 

パワーユニットの損得勘定を考えるときは、ノーマルエンジン車との価格差に注意して、どのくらい走れば元を取れるか比べるといいですよ。

 

また、パワーユニットを選ぶときは、損得勘定だけでなく運転感覚も判断材料にしてくださいね。(パワーユニットごとの運転感覚は、次回お話ししますね)

 

エンジン&パワーユニット選びの5箇条

 

1▸▸▸ノーマルエンジン車との価格差に注意する

2▸▸▸燃費と減税額の違いでも損得勘定が変わる

3▸▸▸コンパクトカーはノーマルエンジンがトク

4▸▸▸Lサイズの車種ではハイブリッドが優位

5▸▸▸運転感覚の違いも含めて判断したい

(引用元:ザ・マイカー)

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

アクセスランキング参加中
あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓
車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今日の人気記事

まだデータがありません。